シロクマ

b0150018_00253895.png
b0150018_09494962.png
b0150018_00253229.png








・いろんな人たちに、ありがとうございますと言いたい。

 ものすごく具体的に言いたい相手もいるのですが、

 その方々は、「あ、わたしのことだな」と思って、

 「ま、いいってことよ」なんて機嫌よくしててください。

 特に、絵を描く方や、人形をつくる方には、

 もうなんと言ってお礼をもうしあげていいか…。


 そして具体的にじゃなくても、たくさんの方々に、

 ほんとうにありがとうを言いたいです。

 昨日は、わたくしの誕生日前日で、

 なにかとまんぷくのイベントになりました。

 また、本番までの激しい雨降りから、星空を出現させた

 「天気をちょうどよくする魔法」も見せられましたしね。

 新しい宴会イベントのチームや、

 ただただたのしむために集まったナイスな乗組員たち、

 呼べば応える関係者の皆様に、ほんとうに感謝してます。


 けっこうな年になってから、じぶんより若い人たちに

 遊んでもらえるというのは、最高に幸せなことです。

 じぶんが若いときに、70歳のおじいさんといっしょに

 遊ぼうなんてこと、考えもしなかったものね。

 (どうせ、昔はよかったとかの話ばかりするし、

 若いものの足りないところばかりあげつらうだろうし、

 気をつかわなきゃ機嫌を損ねるかもしれないしね)

 ぼくは、ほんとに運のいい幸福な老人になったよ。


・だいたい、じぶんひとりで存在するなんてことは、

 根本的にできないわけでしてね。

 水を飲むだけのことでも、水がなきゃ飲めない。

 楽器を弾くにも、弾くだけじゃはじまらないわけで、

 聴いてる人がいたり拍手をもらったりまでが演奏です。

 ひとつの私的で詩的なひらめきがあったとしても、

 これまで生きてきたたくさんのモノゴトが材料なので、

 ひとりだけで表現できたわけでもないんですよね。

 勝手に「じぶん」だと思っているじぶんは、

 じぶんという名の容れ物で、他人や自然や無関係などが、

 その容れ物の中にたっぷり入っているものだと思います。

 だとしたら、ぼくという「じぶん」のなかにいる

 他人やら自然やら無関係も、ぼくがイキイキやってたら、

 材料の行く末として成仏しているとも言えそうです。


今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。

夕方からは、幡野広志さんとのトークイベントに行きます。



[PR]
by saku-saku-chika | 2018-11-10 14:55