タグ:本 ( 58 ) タグの人気記事

食堂かたつむり +

b0150018_22315466.jpg

あした学校の図書室に返すと気づいて速攻読んだ
一気に読める さらっとよくも悪くも
最初の数ページ ああ これは何と言うか
かもめ食堂とかが好きな女の子に向けての本かな
と思いながら読んでいくうち 食べ物のレシピとして
アリかもなと思い始めた 雑誌の特集でこういう読み物
あるといいかなとか で意外にもラストうるっと
予期せぬ感じで んーでも深い話ではないし
突っ込みどころを探ってはいけない本だと思う

ほぼ日の中で 食べる と言うことについて書かれた
文をみつけたので なんとなく 食堂かたつむり とは
違う視線ですが すごく胃にしみ入る感じだったので
リンクを勝手に こちら

実質 家の人々の3食から2食へ 半数はまだ在宅だが
ずいぶん気持ちが軽くなった 年末だからというわけでなく
やはり三度三度7人分が1週間を超えるとキツい
特別旨いもんじゃなくても なるべく気分よく食べたい それには
気分よく作らないとうまく出来上がらないんだな コレが不思議と
でも もういいだろ1食ぐらい抜こうぜ という気持ちに
だんだんだんだん萎えてくるのだ 揚げ物も気が重い 胃にももたれる
でも自分以外は皆好む 魚は嫌われる とかね


食べることで出来上がってるんだよな だけど日常ってさ
だから 食べること投げると ほかぜーんぶ右にならえ って
なっちゃうんす 自分はね

♪ 食とかんけいないんだけどね
[PR]
by saku-saku-chika | 2011-01-06 22:37 | | Comments(2)

吉祥寺「小ざさ」

去年エキサイトの記事で紹介されていた本
帯には 
「たった1坪で年商3億」“幻のようかん”を求めて40年以上もの間
行列がとぎれない店がある。それは吉祥寺の小さな和菓子店「小(お)ざさ」
JR吉祥寺駅北口から徒歩2分ほどの「ダイヤ街」商店街にあるこの店。
商品は「羊羹」と「もなか」の2品のみ。
こちら

羊羹を手に入れるのに「家族も従業員も列に並ぶ」ということ。
「1本くらい」となってしまいそうなのに「お客様を裏切ることにつながる」と
社長の旦那さんでさえも同じ条件で並んでもらうのだという。
b0150018_2234738.jpg


いまはネットでの流通も盛んで おせちの問題で 
さんざんリスクもクローズアップされたけれど
やはりどんな商売も顔見てなんぼじゃないかなあ と思う
実店舗をかまえることは本当に相当たいへんなことだけれど
だからこそお客も店主もお互い それぞれの領分を
きっちり守ろうや と思うところもあるだろうし
エラそうなことは言えないけれど 実直な仕事ぶりをみると
こうありたいと身が引き締まる
・・ちょっともう太らんようにしないとね えへ
[PR]
by saku-saku-chika | 2011-01-04 22:01 | | Comments(0)

p(´⌒`q) どすこい

どうしてこんなに好天か!おかげさまで布団干せた
洗濯もんの乾きもいい ああ散歩日和じゃあないか
行けぬが 行ったつもりで
「バウハウス・テイスト バウハウス・キッチン」展@汐留
異国もあるわよ 北欧@時事.com
まあでも あれよ 入院中の身なわけじゃないし
自由の利かぬ身体ってわけでもないし ありがたいことよ
動けて仕事いただけてなんちゃってでも家事こなして
あとは経理さえおわればね ればれば

こんなのみつけた
50円ですってよ!おくさまっっ
もう鬼も笑わないかもねえ‥シーズンイン
はげしく同感
お子さん大きいのね:そりゃそうか
ピックアップブロガーにして ご本も出版なさったmasakichi3さん
お弁当写真が生唾ものです


b0150018_1149673.jpg

山の上はハンパじゃなく寒いんだろうなー

ヒマラヤ連峰を見下ろす機会に恵まれた人は一握りだ。
1963年に写真家バリー・ビショップ氏が撮影したこの写真は
アメリカ登山隊がついにエベレスト(チョモランマ)頂上を
極めた栄誉を証明している。5月1日同氏を含めたアタック隊が
初めて頂に立ったアメリカ国民となった。
Photograph by Barry C. Bishop@ナショジオ
[PR]
by saku-saku-chika | 2010-11-19 11:21 | つぶやき | Comments(0)

ターバンだけじゃないのか!?

b0150018_237426.jpg

の、野口クンがいっぱい!!!
作者の長谷川さん

お札おりがみで ふと思い出したのが
おしぼりアート
で、ぐぐったら んまーでるわでるわ
そんなたくさんアーチストがいらっしゃったとは‥
そのなかのおひとり
おしぼり王子 ササさん
[PR]
by saku-saku-chika | 2010-11-13 23:06 | サイト | Comments(0)

仕事のこと


シゴト頁のライフログをまとめていて気づいた
けっこう経済ビジネス書のお仕事で声かけていただいてるのか
教育(こども)健康(医療)が多いと思っていたが
初期の頃は 旅行関連もあったなあ
自分が若かった頃は 〝ママと赤ちゃん〟のジャンルが
不思議と多かったが今は 高齢者のケアや中高年の体操へと
移り変わっている‥自分も老いていくからか 笑



経済関連

16才のための暮らしワークブック―生きていくのにかかるお金は月いくら?

入門日本金融史

読んだ者勝ち!賢いマネーライフ―人に聞けないお金の疑問 7つのステップで簡単解決
決算書で読み解くキャッシュ・フロー入門
定年後の海外暮らし (実践編)



で、経済ではありませんが今度 文庫になります
血液力―毎日の「食べ合わせ」で病気を治す血液ができる 三日目から実感!千坂式食療法
書店でぜひ手に取ってご覧ください



シゴト頁の右サイドバーに
これまでのおもな出版物リンクがあります
参考にしていただければと思います


b0150018_10423865.jpg

b0150018_1042286.jpg

[PR]
by saku-saku-chika | 2010-11-10 10:30 | イラストレーター | Comments(0)

スイーツ・アート展

b0150018_2011625.jpg
@ウーマンエキサイト
展示作品を手掛けるのは、「世界料理オリンピック」金メダリストの
ミッシェル・ウィボウ氏(むずかしいお名前だこと‥)
ウィボウ氏は「リアルすぎるケーキ」作りで話題の人物で初来日となる
今回はスイーツを使った3mの巨大クリスマスツリー作りに挑戦するそうな

帝国ホテルアーケードギャラリー「スイーツアート展」
期間:2010年11月20日(土)~12月25日(土) 無休
時間:10:00~19:00(日祝~17:00)
場所:東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテルアーケード(本館地下1階)
料金:鑑賞無料

今週のピックアップブロガーさん
[PR]
by saku-saku-chika | 2010-11-09 20:20 | | Comments(0)

佐野洋子

合掌
私の中では 100万回生きたねこ と共に
谷川俊太郎との詩集に絵を描いている「女に」
も印象深い 2冊セットで 無理矢理人に
あげたりした‥若輩者だったってことで許せ



b0150018_1634924.jpg
asahi.com2008記事

[PR]
by saku-saku-chika | 2010-11-05 15:55 | ひと | Comments(4)

バーニャカウダーソース  щ(゚Д゚щ)ッテナニ?

耳に残るその名前は何ぞや?
ぐぐってみますと

イタリアの郷土料理
野菜などを、チーズフォンデュのように温かいソースにからめて食べるやつ
ザワークラウト 同様、保存食
冷蔵庫で1ヶ月くらいもつ
パスタに混ぜたり、サラダのドレッシングにしたりととても重宝します。
特に温野菜(じゃがいもや人参など)につける
ふうううん
ほおおおお

b0150018_075834.jpg

アンチョビも使ったことないから調べてみた
するってえとお高いじゃござんせんか!
価格.comで イタリアのグルメ食材と出ててお値段
200gで¥1575‥ ちょいと庶民の食卓には いや
我が家のテーブルにはのっからんシロモノでしょう

ふと思ったんだけど これ日本に置き換えると
イカの塩辛みたいな存在?梅干しとか 
そう考えると値段わりと妥当なのかもな

きのうのウロウロ
[PR]
by saku-saku-chika | 2010-10-11 00:11 | | Comments(8)

日常 @イラストレーター(基本形 )+福祉職+社士試験めざす大学生(ようやく卒業見込) 年中へこたれ中 mail→ https://chikaka.jimdo.com/お問い合せ/


by saku-saku-chika