タグ:展覧会 ( 15 ) タグの人気記事

武井武雄の世界展

http://www.ilf.jp
b0150018_19312033.png


.
[PR]
by saku-saku-chika | 2014-04-01 00:00 | でかけた

クラフト・エヴィング商會

ずっと放電ばっかしてたんだなあと
つくづく思った
出かける場所はたいてい必須で
ふらりと なんてことは滅多にない

ほんとは〆切りが2こもあって
ゆうべいっこ納めたが
今日帰ったらあらたな1件原稿が来ていて
でもね
時には それらを保留にしてでも
やはり充電や蓄電がないと
すっからかんな自分にすら気づけない
展示って やっぱ行って 見て おのおのが思ったことがだいじだから
大事と云うか 人によって響くもの響かないもの違うし
自分はここがよかったよ
とレポートしても うまく伝わらない気がするので
とくにあっしはそういうのがへたくそだし
じょうずに見聞記をまとめておられる方々がいるので
Facebookのページを遠方の方は参考になさってみては







[PR]
by saku-saku-chika | 2014-02-26 00:11 | でかけた

井江春代 はり絵の世界

b0150018_105631100.jpg


http://www.joshibi.net/nike/ex/20130903_ieharuyo.html

++
[PR]
by saku-saku-chika | 2013-09-04 11:00 | ひと

長新太

おとなのひとり遠足 超贅沢!
去年から 試験のあと自分にほうびをやっている
今年はコレ 板橋美術館は来年早めに行けばよいさ


長さんの作品は原画も印刷された本もどっちもいい
ちひろさんの作品は 圧倒的に原画だとおもうな
http://www.chihiro.jp/tokyo/museum/schedule/2013/0218_1642.html

企画展そのものもすごくよかったけど
ハコとしての美術館もすばらしいな
30年ぶりくらい 笑
おおむかし沿線に住んでいた頃たしか行ったんだけど
整備されてすっかり整って昔の面影はなかった
でも きちんと意志の感じられる場所だった

長さんはもともと好きだったけど
ちひろさんは最近好きになった 本は持ってたし読んではいたけど
絵描きとして お二方とも圧倒的だ
生きている間中絵描きだったんだなと思う



b0150018_14495985.jpg



駅からはなれているので暑かった かなり でも
きのうの豪雨雷鳴を思えば それに
御巣鷹山から帰るはずの人たちは 夏休みを終えられないままになってしまっているし
長崎や広島の人は 本当に暑かったろうと思う想像つかないほどに
だから 
まあ ニュースで40℃越えと聞けばビビるけど
多摩はありがたいことに平和だとおもう
きのう6時間電車が止まって足止めされた人々はご苦労だったけれども
それでも家路にたどりつけるというのは
ありがたいことなのだ十分に


ほぼ30年ぶりに今日訪ねた場所にしても
それだけ生きて暮らしてこれたことを なんとラッキーかと思う
だれだって明日のことはわからない
だから すこし無理してでもやりたいことはやろう
誰にでもない自分に オッケーと言えるように
[PR]
by saku-saku-chika | 2013-08-12 14:50 | でかけた

滝汗

b0150018_1342568.jpg

なんだろうと思ったら
ブラジルとアルゼンチンの国境を流れ落ちるイグアスの滝を
アマツバメの群れが自由に飛び交っているんだそうだ
写真だと涼しげ


ブックマーク
ほぼ日手帳のコピー募集
半沢さんよりリーガルハイだなあ
椿山荘にギャラリー?
長新太さん行きたいコレは
会期がなあ・・・間に合わない
[PR]
by saku-saku-chika | 2013-08-09 13:10 | サイト | Comments(2)

レオ・レオニ

b0150018_16395941.jpg


この本はむかーし まだのび太が赤ん坊だった頃
友だちがくれた 読み聞かせというよりは
自分読みに向いている本だったなと
今さらのように思う 本当に時々読み返す
年季が入って今じゃカバーがボロボロ

初版は1967年!?
作者のレオ・レオ二氏は
1910年、オランダ生まれ
1939年に戦争のためユダヤ人であるレオニはアメリカへ移住
イラストレーター、グラフィック・デザイナーとして活躍していた49歳のとき
孫のために作った『あおくんときいろちゃん』で初めて絵本の世界に足を踏み入れ
1999年にイタリアで亡くなるまでに
40冊近くの絵本が発表され日本でもその多くが翻訳出版されています

そして展覧会
もらった招待券ふとみると あす最終日ですやん!
というわけで ナーンも考えず電車に乗ってたらーっと
会場に出向いてみてビックリ
長蛇の列 しかも入場券購入の列 55分待ち
ええええええええええええええええ
すみませんすみません となぜかこそこそ入場したらば
会場内もすし詰め状態!!!
えーっとちびすけ八兵衛まったくみえません・・・・

しかたないので 遠巻きに 空いてるところだけちらっと鑑賞して
そそくさと帰って参りました だってグッズ売り場も大混雑行列で
なに売ってんだかさっぱりみえないし あーそうかカタログ買ってくれば
よかったのかなあ でもきっとむりだろあの行列じゃ
しかしよく考えたら土曜だし夏休みだし親子チケットとか
いろいろいろいろ てんこ盛りみたいだったから仕方ないな
もっと早く行くべきだったのだ



http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/13_lionni/index.html

すし詰めと言えば
[PR]
by saku-saku-chika | 2013-08-03 16:51 | ひと

あれこれ展示

おのれの展示画像アップもままならぬくせに
と笑う事なかれ〜なぜなら最終日
おなじ界隈にて 超壷な作家さんの作品と
出会うことが出来たのでお知らせしたくてたまらず

http://www.gallery-nii.com/exhibition/index.html
樋勝朋巳展 -小さなくらしはつづく-:ギャラリー新居・東京
b0150018_1350695.jpg

なんの前知識もなく 搬出前にふらっと
立ち寄っただけなのだが
カウンターパンチーーーーーーーーーー

画廊の方にお話をすこしうかがいました
ツイッターやFacebookやホームページなどの
自分発信はいっさいなし おきらいなんだそうです
すごおおおい いまどきそれを貫けるのはものすごいこと
もう いっぺんでファンになりました
画風のみならず さいしょアクリルで描いていたこともあったそうです
でも 乾きが早いから 自分には油のゆっくりさ加減があうからと
あえて油彩でいくという もう
ほれましたね 女性ですが 年下ですが 笑

銅版画を長くやっておられて 本もそのタッチでしたが
どうやってもこの展示の絵達にやられました
あーいい いいね連打ですよ

そしてわあわあ画廊をあとにしようとしたとき
あ チカさん とささやく声が
みると 一緒に展示したfumikoさん 笑
搬出作業中に ひっそり盛り上がりました よい思い出〜
そうそう あんまりアタマに血が上ってたせいか
芳名帳その前のページは縦書きだったのに
わたしから 横書きにしてしまい 汗  大変失礼しました・・・

More more
[PR]
by saku-saku-chika | 2013-06-26 00:00 | ひと

もくようび

銀座には歯ブラシ専門店がある!ビックリ・・・
なななんと本店はドイツ


きのうの搬入 天の神様が味方してくれたらしく
雨にあわずに大荷物で銀座へ
展示のようすは あらためて



アメリカ、マサチューセッツ州モノモイ島(Monomoy Island)の浅瀬上空を複葉機が飛ぶ
Photograph by Michael Melford
b0150018_21151345.jpg




http://www.youtube.com/watch?v=ynEeJDj8VnI&feature=youtu.be
展示の様子を メンバーの佐々木アツシさんが
動画にしてあっぷしてくださいました
BGMがだいすきな栗コーダー♬
[PR]
by saku-saku-chika | 2013-06-20 01:01 | ナショジオ

展示

何年ぶりかで
グループ展に参加させていただきます
DMデザインは左藤さん

b0150018_2025841.jpg


詳細は追って
・・ってもう再来週ですやん!
焦ろう自分



前回いつだったかと
記録をさかのぼったら
2010年の5月!
そしてミレージャさんにいたっては
えーっと
・・・



2007年?いやそれは初回だ
サイトのアーカイヴに発見
なんとオオゼイ様の中に自分の名が
ART & LOVE TOKYO 2010~quality of love~ 
2010.2.10~15
そうですかそうですか




描かないと

えええっっっ( ´∀`)Σ⊂(゚Д゚ )なんでやねん!いまごろっっ
[PR]
by saku-saku-chika | 2013-06-07 01:01 | イラストレーター | Comments(2)

半日逃避

頭皮って最初でた ビックリ
ラフを提出してあとは会議でみなさまのご意見ののち
だから 確定申告は?というココロの声を無視して
電車に乗る 向かう先はたばこと塩の博物館
いやあ いい!もう通いたいと思いました 笑
そして入館料100円で申し訳ないくらいだ


そのあと向かった先は OnlyFreePaper
新聞に載っていて行きたいなーと思っていたお店
おなじ渋谷でありがとう
それにしても これだけヒトは皆主張があるんだなあと圧巻
べつに押しつけでもなんでもないんだけど タダで持っていってもらう
冊子や新聞に傾けるエネルギー すごいよなあとひたすら感心した
そしてこの店舗 どうやって運営なさっているのだろうか
暖房まで入っていた 無料のものを置いておくスペースの維持
ううむ

b0150018_14232493.jpg



これ、すごいよおお
長友選手のブログだ
[PR]
by saku-saku-chika | 2011-02-04 14:22 | でかけた | Comments(0)

日常 @イラストレーター(基本形 )+福祉職+社士試験めざす大学生(ようやく卒業見込) 年中へこたれ中 mail→ https://chikaka.jimdo.com/お問い合せ/


by saku-saku-chika