タグ:ほぼ日 おとなの小論文教室 ( 44 ) タグの人気記事

久々に









考えて考えて考えて願い出てみた叶うかどうかはまったくかんがえずに
b0150018_19223203.png

Photograph by Pam S, National Geographic Your Shot






http://www.1101.com/essay/2017-06-28.html













[PR]
by saku-saku-chika | 2017-06-28 19:22 | つぶやき

未熟者

b0150018_12530492.png

Photograph by Edinson Ivan Arroyo Mora, National Geographic






ひさしぶりに 後味の悪い気分を引きずったまま
仕事を終え帰宅

いつも盛りだくさんでも
なるべく帰宅する途中で消去していっさいのこさず
あたまんなかまっしろにするんだが


http://www.1101.com/essay/2017-05-10.html

今さら何をというかんじだが
今日のズーニーさんのコラムを読んでストンとおちた
相手への批判がどうしても高まってしまう時はそらしかたなくある
あるけど 決定打にならぬようなるべく気を
つけてはいた いたけどきのうは 一拍おく冷静さがもうなかったなあ

残業しないようにしていても
突発事項は多発するし仕方ない部分はある
じぶんだって現場のニンゲンだったからわかりすぎるくらいわかる
でも わかることとゆるすことはちがうんだよ

上から言ってる訳じゃない なかなかそこが
理解されがたいのもまたよくわかるけど
まどろっこしい 

丁寧と機敏さは相容れないものじゃなく
要領のもんだいで じぶんは細やかだから 
と勘違いしてそこからはみ出さないでいると
とんでもなくじかんばかりかかってちっともすすんでないってことになる

たとえば書き物は記録がわかりやすくさえあればそれでいいのであって
美しくみっちり字を連ねる必要はないんである
おのれの美意識から脱却しないとさ いつまでたっても遅いヒトのまんまだよ

恊働作業の場において個のはたらきは
なるべく均一でありたい 個性ってにじみでるもんで
主張しなくたっていいのになあ
同じ動作したってみんなそれぞれになるよ
記録はあくまでも記録
だれがみてもわかるように
そこに感情や個性を込めないで どうか







ほぼ日の光浦さんのことばも
すごく励まされた
センスがなくても創作していいんだよっていう







[PR]
by saku-saku-chika | 2017-05-10 12:56 | つぶやき

働き蜂





ナンチャッテ 連休じゃなくってもさ雨じゃなきゃいいや それにしても調理は手間よのう皆の衆と動き連動せんしなあ
b0150018_23592416.jpg

Photograph by Sylvia Michel, National Geographic Your Shot




http://www.1101.com/essay/2017-04-05.html


うわああズーニーさん!それホントそう思いますわ!と脳内でひざ打つ八兵衛

http://www.1101.com/essay/index.html












[PR]
by saku-saku-chika | 2017-05-04 04:44 | つぶやき

おとな











おもうところはイロイロある 何もそれは自分だけでなく皆そうであることよのう 送別会の帰り道
b0150018_21260529.png

Photograph by Megan Loeks, National Geographic


きょうのズーニーさんのことば沁みるぅ http://www.1101.com/essay/2017-03-29.html












[PR]
by saku-saku-chika | 2017-03-29 21:30 | つぶやき

雛の月



ようやく ようやくここまできた
b0150018_19552016.png
Photograph by Genadi Dochev, National Geographic

http://www.1101.com/essay/2017-03-01.html








[PR]
by saku-saku-chika | 2017-03-01 03:33

その気







捨てるカミあれば拾うカミあり ふたたび いや みたびか
b0150018_20095482.jpg

Photograph by Yu huiping, National Geographic Your Shot

しかしさ ふられてもふまれてもめげないでどんだけしぶといんだよ 笑

ま 天狗にはなるまい なりようもないが 落とし穴は常に自分で掘っている@八兵衛クォリティ








http://www.1101.com/essay/2017-01-18.html

ズーニーさんのいうことは ほんっとにしみわたるようによぉおくわかる そして実践している今日この頃








[PR]
by saku-saku-chika | 2017-01-18 05:55 | つぶやき

勇気か

b0150018_19564973.jpg


http://www.1101.com/essay/2017-01-11.html
ズーニーさんのことばにはいつもすくわれる
ほんとうにそうだなと
で いまのじぶんは


なんかい計算してもやはり日数がたりない
いや実際には
試験前日まで考慮されるので
週6で10月まで稼働すれば
受験可能な訳だが

なかなか決心がつかずに居る
からだがもつか よりも
きもちがへたると
知ってるから
誰よりも自分のへたれ具合は
わかってる

受けたい気持ちと
じゃあ社士はどんだけ軽々しく扱ってんだよと
1年に2つもおっきなしけん
八兵衛にゃ荷がおもいべ



どうすっかなーーーーーー








More
[PR]
by saku-saku-chika | 2017-01-11 20:02 | つぶやき

自分に





b0150018_15260692.jpg

郷に入れば郷に従えという先人の言葉は正しい
そして
その正しさ故に真綿で首をぎゅっと
自分ではしめないさ んなおっかねえこと
できやしねえ じゃ なんですんごく
肩が重たいかってぇと力が入ってるからですな


冬で着るもんがおもたいし寒いし
ちじこまってるから
まあ ね  で
せんでいい分析をしてしまう訳ですよ

いつまでもつかな
まあ任期中はやるさ そのあと
更新するかどうか新たな働き口が
さがしきれれば まだみつからなければ保留
当面それで 人から見られてどうというのでなく
じぶんの限りある残り時間をいかに使い切れるか







ま てんのかみさまのゆうとおり





[PR]
by saku-saku-chika | 2016-12-07 21:33 | つぶやき

勤労に


感謝しつつ気持ちが休まらない日それは
ちがう部署で求人が出ていたから
あーそうねオノレ次第なんだよね
そして
仕事って
内容より一緒に稼働するヒトだなと

向いてないとかできがわるいとか
もろもろあっても次に向かう気に
なるかどうかというところがさ
プラス 人は変えられない

みなその人なりのベストを尽くしてるし
自分含め だから価値観にさわりようがないしさ
否定するつもりなくても結果
そうなってしまうことだらけだし
きずつくじゃん相手も自分も

するとやはり摩耗するんだよね
で ほんらいの任務とか目的とか
うすれるし希望が霧になるっつうか

あと やはり時間がない
じぶんの配分が圧倒的に下手ってのも
そりゃあるけど あまりにも調整に
はしりまわってると
これまたおるすになっちまうわけで
ど真ん中のぶぶんが

そんな祝日
週6はやはり萎えるわ単純に
振休のとりかた考えんといかん



まあでも銀行業務ほか書類手紙類
じぶん事務作業だけは完了
ATMってえらいね休みの日も振込できて
ま 機械だからなメンテするニンゲンの方
おつかれさまでございます


あとはアイロン掛けとゴミ出し準備と
夕飯と明日の仕込み これ重要


の前に課題この項目だけは終らせて
で やはり検討中のテキスト
申し込むことに決めた
6000円程度で元が取れるなら
・・かどうかは自分次第だが
負荷かける為にも買うことにした

http://www.1101.com/essay/2016-11-23.html
くくっっぅ しみる


b0150018_15264790.jpg

Photograph by Ali Faisal Al-Houti, National Geographic Your Shot






[PR]
by saku-saku-chika | 2016-11-23 15:40 | つぶやき

把握後






http://www.1101.com/essay/2016-10-19.html
b0150018_19401621.jpg








.
[PR]
by saku-saku-chika | 2016-10-19 20:50 | つぶやき

日常 @イラストレーター(基本形 )+福祉職+社士試験めざす大学生(ようやく卒業見込) 年中へこたれ中 mail→ https://chikaka.jimdo.com/お問い合せ/


by saku-saku-chika