<   2016年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧

お年頃




b0150018_09350484.jpg

留年となりました
わかってたことだけど自分のせいだし
試験おわりの方がショックだったから
負け惜しみだが 笑

ま切り替えて
1科目のために1年残るまなびを
いかしましょってことで
さー空き時間
落語出戻るか手話はじめるか

いやいや国試の予習っしょ←おいおい





うーむ実習を留学と位置づけてからの
留年かぁ はじめての落第
昭和だなあ何か
トホホ




やはり最終兵器
ケアマネ受けるか ボソッ






[PR]
by saku-saku-chika | 2016-09-09 09:37 | つぶやき

汗だく


そういや先日の美容院でも汗がダラダラ
更年期っすね 心配されたけど
きのう今日始まった事でなし
さいきんはカラダがしんどいときは
短い時間でも横になる
すると楽なんだな
いろいろ覚えればいい
ちからのぬきかた
若くないことは
そう悪い事ばかりでもないなと
今日話せるなら今日話すし
あえる時にあっておかないと
なかなか次ってやってこない
いつもさいごかもしれないと
しんそこ思うようになった

じゃ いってきまーす


b0150018_10010449.png

Photograph by Robert Aelenei, National Geographic


[PR]
by saku-saku-chika | 2016-09-08 10:05 | つぶやき

せなか



よく 親の後ろ姿見せるのが何よりも教育とか
人材育成にはまず 上に立つものが実践してとか
でもさ
っておもうよね皆 迷うしめげるし引き返したいし
そっからどうするか なわけだけれど
だったら同時進行でいいじゃんと思う
お互いにすすめば育てば

年くったって成長しないわけじゃないし
意識してないと退化はげしいし
なおのこと励まないとさ
だったら一緒にやって
追い越してもらえばいいんじゃないのかな

立ち位置にしばられんのって
けっきょくせばめてる
うやまうとか たてるとか
ほんとのとこ どうなんだよって
ついついばあやは勘ぐってしまう訳で

へりくだりゃいいってもんじゃあない
そうしとく
っていう技法は時にあざとい
なんかさー 営業とか接遇とかコミュニケーションが
イヤで避けて フリーランスとかクリエイターとか
そういう分野に埋もれようとしたはずなのに

埋もれてんのは経済で
いっちばんふとくいなジャンルにみずから
ズブズブわけいってるんじゃね?
わらっちゃう
でも大昔どの師だかわすれたが言ってた

どんな職業に就こうとも
たったひとりで自営と名乗ろうとも
営業を避けて通る事はできないんです
かならずついてまわるんです
だから不得意にしない方がいいですよ と

せんせーのおっしゃるとーりでした
何せんせいか忘れたけど







More
[PR]
by saku-saku-chika | 2016-09-07 07:07 | つぶやき

いくぜ






よっしゃ いっこいっこだ 注 > 画像があってません文と しっつれい
b0150018_21415843.png

Photograph by Christian Aslund, National Geographic




なんか今さらだけど紫外線対策ってしといた方がいいねえ

あとからガーンて思うもの手の甲とか腕とか顔はひと様が

おやおやって感じなんだろうけど自分の視界に入るとこは

ショックでかいっす そしてきのうのテレビでニートみた

嗚呼・・もうね おそらくネットの民は あ!っていうよな





https://twitter.com/kikutomatu すてきな方だ






[PR]
by saku-saku-chika | 2016-09-06 06:06 | つぶやき

にげる



DVとかイジメとか
識者だったり当事者以外はよく
逃げよ というけど

たとえば育児や介護も
ハマってドツボの人に
その発想自体が
うかばないんだってば

だから追いつめられて
煮詰まるんだし
ネーミングがよくないよね
名付けられたものって
いっつもそう

にげる じゃなくて
移動でいいじゃん
場所変える
ショバ変更って


b0150018_09463402.jpg




[PR]
by saku-saku-chika | 2016-09-05 09:50 | つぶやき

青天の

b0150018_10321792.jpg





青く晴れ渡った空に突然激しい雷鳴が起こることから
予期しない突発的な事件が起こることをいう
陸游の詩『九月四日鶏未だ鳴かず起きて作る』に
青天に霹靂を飛ばすとあるのに基づく
霹靂とは激しい雷鳴のこと
筆勢の激しさを表して言ったことば

それにしても ヘキレキって
なんてむずかしい漢字でございましょうや
おっきくしてみる
霹靂

お借りすると
全体の意味としましては

私、放翁(ほうおう)こと陸游(りくゆう)は病床で秋を過ごしていたが
あるときふと起き出して酒に酔った勢いにまかせて筆を走らせた。
その勢いの凄まじさは、まさに久しく身を隠していた龍が天に昇り
青天に霹靂(雷鳴)を激しく轟かせるかの如きものがあった。
自分が書いた字(詩)はいささか怪しい趣きのものではあるが
黙って見過ごしてもらうこともできようかと思う。
あるときこの老人(自分)が死んでしまったならば
千金を積んだとしてももう求めることはできなくなってしまうのだから。

出典は
放翁病過秋 忽起作酔墨
正如久蟄龍 青天飛霹靂
雖云堕怪奇 要勝常憫黙
一朝此翁死 千金求不得

読むってえと
放翁(ほうおう)病(や)みて秋を過ぎ
忽(たちま)ち起きて酔墨(すいぼく)を作(な)す
正(まさ)に久しく蟄(かく)るる龍の如(ごと)く
青天に霹靂(へきれき)を飛ばす
怪奇に堕(だ)すと云(い)うと雖(いえど)も
要は常の憫黙(びんもく)に勝(た)えたり
一朝 此(こ)の翁(おきな)死すれば
千金 求むるも得ず





うひゃあ 漢語ってほんっとにむずかしー






[PR]
by saku-saku-chika | 2016-09-03 10:35 | つぶやき

だよね

b0150018_10133713.jpg





むかしは電車に乗ってる間中ずっと本読んでいた
セットといってもいいくらい そうしていた
いまはなんもせん 
まず目が痛い 皆の衆が
スマホやってんのが
なんか視界がうっとおしくって
立ってるとイヤでも画面が目に入って
プラス本てのがチカチカしてまうわけで

でも長距離で座れる空いた車内なら読める
日帰り墓参の往復2時間強なら
ちょうど一冊むりなく読了
つくづく思うけど 橋本さんや糸井さんが
先いく人でほんとラッキーだったなってこと

この もわんとした感じを文にできるって
すごいね 思わずそうそうそすそのとおりっす!
と膝を打つ八兵衛でありましたとさ
この先長編の合間に 
認知とか短期記憶とか
弔うとかで書いてほしい
読者ってしあわせー











[PR]
by saku-saku-chika | 2016-09-02 10:22 |

ながっ

b0150018_19294412.jpg


きっとさ 現役の学生さんにとったら
新学期ほどやなもんはないよな
自ら命たつって どんだけエネルギーあるのかと思うよ
おっかないよな生きてくのもおわりにすんのも
どっちもダメなら
なんもせんことやで

先送りっていうのもひとつ
今日じゃなくってあしたにする
今週じゃなくって翌週にする
思い詰めてると
いちんちが すんげえ長いんだけど
とりあえず
今はやめとけば


いつかはきえちゃうヨソ様の記事




More
[PR]
by saku-saku-chika | 2016-09-01 19:33 | こども | Comments(0)

日常 @イラストレーター(基本形 )+福祉職+社士試験めざす大学生(ようやく卒業見込) 年中へこたれ中 mail→ https://chikaka.jimdo.com/お問い合せ/


by saku-saku-chika