羊飼い






いろんなシゴトがあるんだよな世の中にはさ
b0150018_17525623.jpg

Photograph by /react-text Eduard Gutescu, National Geographic Your Shot




ね かーちゃん

b0150018_1310869.jpg
Photograph by Allison Choate




b0150018_21434828.jpg
これはヤギだがむかしの夏の日の記録がああ時間を感じさせるなと













・これは、ぼくがある時期に
 「ああ、そういうものなのか!」と
 勝手に腑に落ちたリクツなので、
 専門の領域にいる人からすると、
 まちがったことを言っているのかもしれないけれど、
 ひとつのマイ仮説として言ってみようと思う。

 それは「ストレスの利用法」というようなものだ。
 ストレスというものは、多くの人が考えているように
 マイナスの状況でだけかかってくるというものではない。
 うれしいことでも、感動したことでも、
 ストレスはかかっているのだ。
 旅をしている間は、いつもとちがう場所にいて、
 いつもとちがう人に会い、いつもとちがう時間を過ごす。
 それは、ストレスがかかっているということだ。
 じぶんが生きていくうえで、
 いつもとちがった対処をしなくてはならないとき、
 すべてストレスがかかってくる。

 旅ばかりでなく、新学期も、新婚も、引っ越しも、
 組織替えも、新しい勉強をすることも、
 好きな人ができておつきあいがはじまったことも、
 みんなそれぞれストレスだらけなのだと思っていい。
 あたまも、からだも、こころも、まるごとが、
 微妙に「やったことないこと(事件や事故みたいな)」に、
 挑戦することになるから、とても疲れる。
 疲れるけれどたのしいだとか、しょうがないだとか、
 ストレスを忘れて取り組んでいくと、
 やがては、それができるじぶんになっていく。

 あらゆるストレスが嫌だから、と、
 そこから逃げてばかりいたら、おそらくふにゃふにゃの、
 退屈だけと向き合ってるような人間になりそうだ。
 つまり、「なんとかできそうなストレス」
 というものを、栄養のように摂取することが大事になる。
 かんたんに言えば、ストレスのうちの、
 「なんとかできそうなもの」を獲りに行くのだ。
 サウナだっていいし、勝ち負けのあるゲームでもいい。
 きっとやり遂げられると思える難問に取り組むのも、
 まさしく旅に出るのもとてもよさそうだ。
 たぶん、家庭を持つこともそういう経験なのだろうね。

今日も「ほぼ日」に来てくれて、ありがとうございます。
そしてストレスのない状態を、知っておくことも大事だね。


[PR]
by saku-saku-chika | 2017-09-19 19:49 | つぶやき

日常 @イラストレーター(基本形 )+福祉職+社士試験めざす大学生(ようやく卒業見込) 年中へこたれ中 mail→ https://chikaka.jimdo.com/お問い合せ/


by saku-saku-chika