しまう




b0150018_10470727.jpg


封をするでもなく片付けるでもなく
仕舞う
感情を伴わなければ
できることもある

雨が降ると
トーンダウンするのは
よいと思うように仕向けてみる

なかなかに
かたはつかず進みもしない
しないがいきてはいける
ならばよしとしよう
それにまさるものはなかろう

おちついて
かんがえる
想いが伝わるなんて幻想だ
相手にとっても同様に
オンであろうとオフであろうと
だからフラットにいよう

上からでもなく下からでもない
卑屈にならぬよう注意して
淡々ともっていかれぬように

むずかしいことを声高に謳いあげず
見解をのべようと意気込まず
反芻して否定もせず
宮沢賢治になってしまへ









・人にも言うし、じぶんにもよく言う。
 「孤独は前提でしょう」。
 これは、谷川俊太郎さんがラジオ番組で言ったこと。
 けっこう突き放した言い方にも聞こえるが、
 そういうものでもないと、だんだんわかってくる。
 孤独は、すべての人にとっての前提なのであるから、
 だれかは孤独じゃなくてだれかは孤独ということはない。

 この言い方は、「人はだれでも死にます」に似ている。
 だれか、死なない人がいるわけではない、みんな死ぬ。
 これは、冷たい言い方でもなんでもなく、
 おぼえておいたほうがいいことである。

 さみしいか、と問われて、
 さみしくないと答えられるときもある。
 さみしいを忘れているようなときには、
 さみしくないと言える。
 だが、ずっとさみしくないなんてことはない。
 ひとりが好きだということと、それは別のことだ。

 ぼくはさみしい、と先んじて言ってもいい。
 そうなんですか、なにかあったんですかと言われても、
 そういうもんじゃないよと思う。

 人の孤独は前提で、その孤独な人が、
 別の孤独な人たちと手をつなぎたいと感じている。
 手をつないだら、もっと生きやすくなるから。
 手をつなぐことで、この手を持つじぶんが、
 いてもいいんだと思えるから。

 「ほぼ日」をはじめてすこし経ってから、
 Only is not Lonely. と書き出した。
 コンピューターの画面にひとりで向かっているとき、
 別のどこかにじぶんと同じ姿のひとりが見つかる。
 いいな、それは、ネットってそういうところがいいな、
 と、とてもうれしい気持ちになって、書いたものだ。

 さみしいか、あなた。
 さみしいか、ぼく。
 それでいい、ぼくら。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
生まれるのもひとり、死ぬのもひとり。孤独は前提だよ。


[PR]
by saku-saku-chika | 2017-06-30 10:55 | つぶやき

日常 @イラストレーター(基本形 )+福祉職+社士試験めざす大学生(ようやく卒業見込) 年中へこたれ中 mail→ https://chikaka.jimdo.com/お問い合せ/


by saku-saku-chika