ぼくら







b0150018_20571452.png

Photograph by Philip Thurston, National Geographic





・旅のよさを、噛みしめています。
 先日のひとり旅くらいから、なんだかね、
 人の情けのようなものが、こころに響いてきてね、
 勝手にほかほかしてきちゃうのさ。

 八戸での「ドコノコオフ会」も、
 まことにまことにたのしかった。
 それに続いての「ほぼ日手帳」のミーティング、
 これも時間を忘れるほどおもしろかった。
 たのしさ、うれしさ、おもしろさ、すべて、
 みんなの力の合わさったものなんじゃよ、ね。
 そんなふうなこと、昔、よく年寄りが言ってたわ。
 なのにね、そうそうそうだよね、なんちゃって
 あんまり本気で聞いてなかった、ぼくは。
 だから、あんまり本気で聞かれないことなんだろうと、
 うすうすは思っているんだ。
 でも、いいや、言っておくだけ言っておくよ。
 いいことあったなぁと感じたらさ、それは、
 たくさんの人のおかげでそうなったことなんだよねー。
 いかにも年寄りのいいそうなことだけど、ほんとだよ。

 いかにも年寄りのようだけど、で気づいたことがある。
 いかにも、じゃなくて、実際の年寄りだったんだ、わし!

 どうもだんだんNHKを見ることが増えたなぁとか、
 お寺だとか仏像だとか、おもしろいものだなぁとか、
 古典のなかに見つけるものこそ、身に付けたいなとか、
 じぶんとしては、若いときのままの気持ちで、
 感じたり言ったりしてるつもりなのだけれど、
 ちがってるかもしれないんだ、だいたい昔から、
 年寄りはNHK を見るし、お寺に行って仏像見るし、
 古典を読み直したりしたがる。
 まだ青臭い俺ってやつがそうしてるのではなく、
 年寄りのわしが自然にそうしておるのじゃ
 …そういうことか?
 どうなんだろうか、別に結論を出さなくてもいいか。
 元々、温泉だの落語だの好きだと言っていて、
 年寄り臭いとからかわれてきたわしじゃもの。
 好きなもの、よい感じを得られるものが、
 いままで以上に増えてきているのは確かなことだ。

今日も「ほぼ日」に来てくれて、ありがとうございます。
みんなのたのしさが、なるべく重なってくれますように。

[PR]
by saku-saku-chika | 2017-06-23 04:33 | つぶやき

日常 @イラストレーター(基本形 )+福祉職+社士試験めざす大学生(ようやく卒業見込) 年中へこたれ中 mail→ https://chikaka.jimdo.com/お問い合せ/


by saku-saku-chika