解けた

b0150018_21051876.jpg
休みがないならないなりに
やっぱり開放されたいんだよねえ
介抱?解放?快方もあるな
会報だってあるぞ
懐抱も 笑











・「人といるとき、だれより低いものでありなさい」
 とは、吉本隆明さんの娘たちに言ったことばだった。
 たしかに、ぼくの見ていた吉本さんは、
 花見やら海水浴のような場でも、
 僕(しもべ)のように、その場の人たちに仕えていた。
 ぼくは、それを率直にかっこいいなぁと思って、
 できるだけまねをしようとこころに決めた。
 できているかどうか、むろんあやしいものだけどね。

 「ほぼ日」という会社(法人)が、
 どんな人格でありたいかを考えるときに、
 吉本さんのことばはとても参考になった。
 「ほぼ日」の乗組員の「人とのつきあい方」にも
 「こうありたい」を考えた。

 それを3項目にまとめたメモがある。

 (1)敬意を持って接する。

   相手の地位や年齢に関わりなく、
   いつでも謙虚であれ。
   馬鹿にするくらいなら、最初からつきあうな。

 (2)損をさせても、してもいけない。

   相手を高くあつかうあまりに、
   言いなりになってはいけない。
   そのためにはアイディアが必要になる。
   どちらにも、よろこびがあるように。

(3)どうしたいのかを、忘れるな。

   いっしょに、どういうふうになりたいのか。
   どうなったら、みんながうれしいのか。
   それを忘れたら、うまく行っても、
   ただの勝ち負けになってしまう。

 きれいごとに聞こえるだろうか、そうでもないだろうか。
 磨き込まれたものではないけれど、真剣に書いた。
 「ほぼ日」新人の乗組員たちにも、伝えておかなきゃね。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
こうありたいには(完全でなくても)近づくことはできる。


[PR]
by saku-saku-chika | 2017-06-19 21:07 | つぶやき

日常 @イラストレーター(基本形 )+福祉職+社士試験めざす大学生(ようやく卒業見込) 年中へこたれ中 mail→ https://chikaka.jimdo.com/お問い合せ/


by saku-saku-chika