そうか






新聞の広告なんだけどさ何故か並びが意図的?
b0150018_21171928.jpg












・犬の散歩をしていると、
 通りがかる人から「かわいい」と言われることがある。
 ぼくも犬を「かわいい」とは思っているけれど、
 それはウチノコだからなのかもしれない、と思ってて、
 よその人にとっても「かわいい」のかなぁ、
 だとしたら、ちょっとうれしい、なんて目じりを下げる。
 でも、うちの犬はもう14歳に近い老犬だ。
 かわいいおばぁちゃんみたいなものなのかな。

 昨日の夕方、日曜日の散歩をしていたら、
 前から歩いてくる2歳と4歳という感じの姉妹が、
 走り寄ってきて「かわいい」「かわいい」と、
 うちの犬を見ながら言ってくれた。
 ぼくは、反射的に、声には出さなかったけれど、
 「あんたのほうがかわいいぞ!」と言いたかった。
 姉妹には、弾むようなかわいさがあった。
 実際には、ぼくはもちろんただ黙っていて、
 ただ通り過ぎただけなんだけどね。

 通り過ぎてから、ぼくは考えた。
 ここで、「あんたのほうがかわいいぞ!」ということは、
 「うちの犬」よりも、という意味になる。
 どっちが「かわいい」か、なんてことは、
 もともとだれも問題にしてないのに、さらに考えた。
 2歳だの3歳だのの女の子が、うちの犬のことを、
 「かわいい」と判断してくれたのは、まちがってるのか。
 いやいや、そんなことはない。
 「かわいい」は、「美しい」とちがって、
 言った人が本気なら、すべてが正解なのだ。
 「美しい」だったら、それは
 普遍的な価値についての評価なので、異論もあり得る。
 でも、「かわいい」に関しては、ダンゴムシに言おうが、
 小太りのおやじに言おうが、アルマジロに言おうが、
 それを感じ、思った人がいれば、だれも否定できない。

 「かわいい」と感じたり言ったりすることは、
 2歳の女の子でもできて、しかも、すべて正しいのだ。
 「かわいくない!」と言われる筋合いはないのだ。
 なんてすばらしい概念、なんという万能で平等なことば。
 あらゆる「かわいい」は、ぜんぶ肯定されるのだ。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
海外でも「カワイイ」が求められてるのは、その肯定感か!


[PR]
by saku-saku-chika | 2017-04-17 21:19 | つぶやき | Comments(0)

日常 @イラストレーター(基本形 )+福祉職+社士試験めざす大学生(ようやく卒業見込) 年中へこたれ中 mail→ https://chikaka.jimdo.com/お問い合せ/


by saku-saku-chika