雨と雪



観るつもりもなく流れていたから
でも思わずないちまった
もうさームネがいたむわけですよ
自分がしてこなかったことを
まざまざみせつけられるかんじがして

これ本でよんだとき
あいたたた っておもったから
みないでおこうとおもってたのにな
まあいいけど


こどもをそだてるって
けっきょくじぶんにたいするふりかえりだったりするじゃん
子をもたぬヒトがどうこうではなくって
いる という時点で視点がくわわって
たちばが絶対値が固定されるしさ

なんかせつない
そして春はいつだってそんな気になる
そういうもんだよな
できなかったことに思いを馳せる
ノスタルジーで甘やかしちゃいかんのよ
これ年寄りの悪いクセ

そこは真似ずに
と一応言ってみる



b0150018_11151097.jpeg

Photograph by Peter Goodman, National Geographic







[PR]
by saku-saku-chika | 2017-03-25 11:20 | つぶやき | Comments(0)