ルール





20年以上仕事をお受けしてきて今期
はじめてお休みをしばらくいただいている
ホームページにもその旨おしらせしていて
ただし
シリーズの完結である今回の原稿にかんしては
いままさに大詰めで
シフトの狭間でジタバタしている

ただね2足わらじは
いまにはじまったわけじゃないし
こどもらが小さかった頃は
きおくにのこらないほどあんま寝てないし
稼働しっぱなしで荒んでたし 笑
とにかく 時間から逃げ回ってた
性格も悪かったし 今よりというより
じぶんをかえりみる猶予がなかったからさ
とっちらかったまんまっつうか


b0150018_12153840.png
Photograph by Jonas Stenqvist










イラスとレーターにかぎらず
どの業界にも
その世界あるある は存在してしまうと思うが
フリーランスだと尚いっそうどうしても
受注している立場は卑屈になりがち
あ自分だけすかね

ただね もう やなんだよね
わかってるでしょう
だってこういうながれできてるんだし みたいな
直しは前提で
前倒しですすめてなんぼとか
ぜんぶかきなおしになっても
その分は自分が泣くみたいな経済観念
稼働しちゃってるんだしさ もうすでに
甘いと思う発想が







発注元がどんなおおきくっても
下に下に流れてくうち
どんどん キュウキュウとしてくるのがさ
何でも屋とか便利屋とか
学校でたてのワカモノと
おなじ土俵って それしかじぶんの実力がナイからか
とか だけどそれって違くね?

でも描くよ
うけている以上は
プロだから





おことわりしたのは
そういうわけです 
うまく述べられないんだよな
なんというか 批難したいわけじゃない
わかってほしいけどむりだろうなともおもう
立場もおありだろうし 皮肉じゃなくて
みなカツカツですすめてるのはわかってる
だけどもう折り返し後半戦のジンセイだからさ



じかんを おたがい だいじにしようということです
だれにとっても限りあるとりもどせないじかんなので

無名の一般人ばんざいとおもう
そういうひとびとが手に取ってくれるから
雑誌は本は存在できて
本屋は実店舗があろうがなかろうがコンビニだろうが
生き残れるのだから


有り難いって漢字で書くと
なるほどっておもうよね









[PR]
by saku-saku-chika | 2016-09-25 12:36 | イラストレーター