彼岸に







仏道に精進して煩悩を脱し涅槃に達した境地とはいうものの
b0150018_16260348.png
Photograph by Reuben Wu





夏は甲子園だったり今はオリンピックだったり
スポーツする人に気づかされたり
重ねたりすることが多ございますな
この夏あまりにも
いやこの夏までがあまりにも
盛りだくさん過ぎました
もう1年過ごしてしまった感ありありでしてね
くたびれておりまする
実習終わったら自分にほうびやろうとしてたのに
なんだかその気力も
萎えてしまいました
エセ武道家(修行中)のこころもちもよみがえらず
ただただ養生してるところです

いや見た目的には
フツーに出勤してますよそりゃ
ひと月強おやすみさせていただいた手前
じぶんは稼働しっぱなしでもね
そこのズレなんでしょうな
知っちゃあいますが
しゃあないやんけ














ふりかえってみた


年末のように この怒濤の8カ月を
まず 息子を独立させた強引に宙ぶらりんなヤツと
一緒に住まう事が苦しくてもう限界だったから
すべてが解決した訳ではないが
もっとはやく子離れすべきだったのだと今は思う

実習でひと月強あける職場に対して
根回しの集大成として部長とお話ししたり
でもどんなに時間かけて1年以上前から言ってあっても
月末突如退職する同い年にゃかなわない
ぜ−んぶひっくりかえった感あり

それと並行して
弟の今かよ!?というような
社会から干された孤独なっ?行動にまつわるあとしまつに
途中から参戦して尻拭いにはせず
きちんと法の下におさめて
実習前にほとんど実技というこれ又足掛け2カ月に渡り
いったりきたりがあり

植木等のような一(どんなだ)
中身の濃い時間を過ごしてもどってみれば
想定以上に浦島感たっぷりで
水面下ほんのすこしずつビフォー時期のアレコレを
すすめているところ にしてもさ
試験まず受かんないと必修科目の
オールそれからでしょ

で 今日
ほんとうに予定いれず唯一の休息日
まったくのどフリーふつうに寝坊して
掃除して洗濯して郵便物の開封と
来週の為の準備と来月の為の仕込みと
そんなこんな夕暮れ




仕事を辞めるのも続けるのもどちらも個人の感情が優先だから
でも はたらかないことはさ
ただの逃げだよ
言い訳無用
どんなみっともないかたちでもいいって
じぶんが思えたら
はたらく場所なんか
どこにだってあるし
意識の問題だよ喰えりゃそれでいいんだから
それは夢とか希望とかと別もん


働き場所なんかいくらだってあるし
落ちたら次いきゃいいじゃん
20くらいことわられたからってなんだよ
たいしたことねえし 
子どもいたって 年よりいたって ここまでやってきたし
敵もいっぱい居たけど味方だってぜったいできるし
うらぎられたって
じぶんがそうしなきゃ それでいいじゃんか
痛めつけられた記憶ばっか
だいじにかかえてんじゃねーよ
時間はどんどん過ぎて
やがてみんな死んじゃうんだからさ自分も含め
心配ばっかしてんじゃねーよ

ひとは 自分しかみてねえよ相手にどうこう言った事なんか
覚えてやしねえ記憶は都合よく書き換えられてるのがほとんどだ
だから前だけみろよもう
過去はいい
じぶんが居ようが居まいが
よのなかは動いてくんだからさ






[PR]
by saku-saku-chika | 2016-08-13 16:30 | つぶやき

日常 @イラストレーター(基本形 )+福祉職+社士試験めざす大学生(ようやく卒業見込) 年中へこたれ中 mail→ https://chikaka.jimdo.com/お問い合せ/


by saku-saku-chika