チェッ





あーもーきぃいいーーー
b0150018_16444052.png









鷹揚おうよう な方にとお返ししてみた

ゆったりと振る舞うこと。余裕があって目先の小事にこだわらないこと。また、そのさま。
鷹(たか)が大空をゆうゆうと飛ぶさまから











気持ちよくしごとしたいだけだよ ただそれだけ
おたがいにさ


..............................................................................................




・シャイな男というと、
 高倉健さんを思い出す人がいるかもしれませんが、
 よく考えてみてください。
 高倉健さんは、映画で主演をやってきた人ですよ。
 ドキュメンタリー番組などで見ても、
 周囲を気づかって出しゃばらないようにしてるけど、
 必要なところではしっかりとじぶんを表現しています。
 照れ屋だったとか、シャイだとか思われているけど、
 シャイであることに甘えていない大人だったわけです。
 シャイの象徴みたいに思われている高倉健さんでもね。
 
 ある意味では、みんなシャイからスタートしてます。
 なにか育ち方がよかったのか、どういう場面でも、
 くったくなく陽気になついていられる人もいますが、
 とても多くの人間は、シャイです。
 人間関係は、学問として学ぶものではないけれど、
 かなりむつかしいものです。
 ある種の技術の習熟が必要になるものでしょう。
 わざわざ言うことでもないですが、ぼくもシャイです。
 そこから、そのままではいけないかもしれない、と、
 我慢したり練習したりしてやってきたように思います。
 シャイだから、という側にいるとラクなんです。
 でも、そのラクさは、シャイでいられる人のやることを、 
 別のシャイかもしれないだれかさんが
 補ってくれているからなんですよね。

 同じようなことは、
 「不機嫌」とか「気むずかしい」とか「口が悪い」とかに
 居直っている人たちには、もっと言えます。
 みんながその「不機嫌さん」のようであったら、
 あらゆる場はどうなるでしょうか。
 「わたしは口が悪いから」とか前書きをつけては、
 他人のあれこれを貶めている人は、
 他の人に同じことをされたらどう感じるのでしょうか。
 「わたしは平気」と強がるのかもしれませんが、
 うれしい気持ちなれるとは思えません。
 シャイの場合よりも、こっちのほうがめんどうですね。
 こういうことについての特効薬があるわけじゃないけど、 
 ごくごく単純に、「弱点でいばるな」ってね、
 みんなが(じぶんもだよね)思えばいいんですよね。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
仕事で演じる「芸としての毒舌」もあるので、ややこしい。






[PR]
by saku-saku-chika | 2016-04-09 13:19 | イラストレーター

日常 @イラストレーター(基本形 )+福祉職+社士試験めざす大学生(ようやく卒業見込) 年中へこたれ中 mail→ https://chikaka.jimdo.com/お問い合せ/


by saku-saku-chika