秋終わる

12月中旬の寒さだそうだ 8℃じゃね
雨まじり 冬になったんだな
秋って短いね ことしまだ紅葉を見ていない
落ち葉も少ないきがする



週末雨まじりの中ハナホの保護者会へ
ジロウとはまたちがった学校の雰囲気で
ここは先生のいきがいいので>笑 なかなか面白い
なにより高校は出向くのに気が楽 だって
なんにも考えずすわってお話聞いていればいいんだもん
知り合いいないし
時間繰りや 人の入り具合や なんだかんだまったく気にせんでいーし


宿泊防災訓練の映像を見せてくれたんだが
ミスチルのBGMはなくてよかったかな 苦笑
先をみましょう という思いが伝わってきた
進学のその先 社会に出るにあたって
どういう人が望まれるか どういう気持ちをもって
すすんでいってほしいか だからそのように導いていきましょう的な
そう たしかに 学校のその先の
なにも枠がなくなってからの方がうんと長くてみえなくて


オトナは基本的に
こんなしっぱいもあるけど
だいじょーぶって
いってやればいいんじゃないかな
先回りの心配ゆえの防護壁じゃなくて
やっちまったあとの そうそうおいらもそうだったんだーってハナシを
たくさんしてやればいいんじゃないのかなあ
と つらつら考えていたら
イトイさんがおなじような考えを今日のダーリンに書いていらした


年配になると おなじように
反省とともに考えるもんなんだね
年とるのもわるくないよ
わざわざ老成する必要はないけどさ
むりやり若返らなくても
だからオッケーなんじゃね?

b0150018_11244134.jpg

海氷を目指して急上昇の準備をするコウテイペンギンたち
「いったん上昇を始めると、ペンギンたちは30秒もしないうちに
氷の上に立っているんですよ」とニックレンは言う
写真= Paul Nicklen





http://www.1101.com/home.html

・先日も、お年寄り部門のイトイとして
 話をする機会がありまして、
 若いときの、ほんとにしょうもない話をお分けしました。
 いや、若いときのじぶんというのは、
 いいところも無くはなかったんだろうけれど、
 ろくでもないことがその10倍もあったわけでして。
 だいたい、お恥ずかしい話になってしまうわけです。

 馬齢を重ねたいまだって、十分にお恥ずかしいのですが、
 これより10倍もしょうもなかった。
 考えも足りないし、不遜だし、粗暴だし、生意気だった。
 そして、じぶんに都合のいいところばかり率直だった。
 そういうことを、年をとった人は、
 ちゃんと言ったほうがいいと思うんですよ。
 小ましな仕立ての上着を脱ぐように、
 「ちゃちな立派さ」みたいなものを外してさ、
 聞く人、話す人、お互いをらくにしたほうがいい。
 少々、馬鹿にされるくらいでちょうどいいと思うんです。
 だって、そっちのほうが事実に近いもの。
 
・選挙みたいなことが近づくと、
 大きなことを、大きな声で強く言う人が次々に現われる。
 他人は嘘つきで、いくじなしであると平気で言う。
 一方、じぶんは立派で堂々としていると笑顔で言う。
 そのまるごとぜんぶが、うそばっかしだと、
 ふつうに生きてきた大人なら、とっくに気づいています。
 
 立派そうなこと、正しそうなことを考える技術は、
 頭のいい人ならたいていは考えつくものです。
 そして、それを胸を張って強く言うことも、
 経験や練習で上手になっていくものだと思います。
 だけど、そういうのじゃないところにこそ、
 大事なことがあるって、
 ほんとはみんな知ってると思うんですよね。
 なんか、それらしい四文字熟語を軸にして、
 人が動くみたいなことって、まだまだ続くのかなぁ。
 ぼくは先に年をとった人間として、リークしますよ。
 わたしもあなたも、もちろん含めてのことですが、
 たいていの人間は、たいしたことないですから‥‥。
 そこから出発しないと、ねー。
[PR]
by saku-saku-chika | 2012-11-19 11:00 | こども

日常 @イラストレーター(基本形 )+福祉職+社士試験めざす大学生(ようやく卒業見込) 年中へこたれ中 mail→ https://chikaka.jimdo.com/お問い合せ/


by saku-saku-chika