くくくく


あーもー 笑

そしてここにもパンダ




パンダと無関係なれど
カテゴリーいっしょなので
山田ズーニーさん@ほぼ日
「おとなの小論文教室。」
深いし重たい でも
そのとおりだなとおもう
じぶんも年をとったから
ものすごく身にしみる






 
・5月のはじめのころに、連休がありました。
 もう、すっかり忘れちゃったけどね。
 続けて休めるというのは、旅みたいなもので、
 空気が変わりますから、
 いつもとちがったことを考えるのに好都合です。
 
 ぼくは、なにかの飛躍した答えがほしいようなときに、
 よく眠る前に「夢で答えがわかりますように」と、
 夜にお願いをします。
 起きて考えていることの堂々巡りを、
 ひょいっと脱け出したいと真剣に思うのです。
 それと同じように、旅や、連休に、
 なにか変化のきっかけを願ってしまうのです。
 いかに、日々追いつめられていることか(笑)ですね。
 
 前置きがしつこかったですが、ま、とにかく、
 連休中に、ひとつだけ、
 いつもとちがう考え方をしたんですよ。
 それは、こういうことでした。
 
 「ほぼ日」に、架空でいいので、
 すっばらしい最高経営責任者が来てくれたら、
 いまのぼくに、なにをしてくれと言うだろう?
 
 ぼく自身が、その人を信頼しているわけです。
 そして、ぼくは、よろこんで社長をクビにされるんです。
 で、彼はぼくに誠意をもって言ってくれるわけです。
 「あなたは、いままで以上に(   )をしてほしい」。
 つまらない仕事だとも、やりがいのないことだとも、
 決して思いはしませんが、ぼくにとっての「社長業」は、
 とても得意なことではなかったのです。
 で、しっかりクビにしてもらって、安心して、
 いままで以上に、みんなに貢献できることがあったら、
 それはうれしいことだよなぁと思うわけです。

 「いままで以上に(   )をしてほしい」の、
 (   )のなかになにが入るか、ぼくにはわかります。
 連休のあいだに、こんなことを考えて、
 ほんとによかったと、いまごろになっても思っています。
 あなたも、いままで以上に(    )するって、どう?

今日も、「ほぼ日」に来てもらってありがとうございます。
動かせないと思ってる部分を、動かしてみるという考えを。


ほぼ日刊イトイ新聞
http://www.1101.com/home.html
[PR]
by saku-saku-chika | 2012-05-16 10:40 | サイト

日常 @イラストレーター(基本形 )+福祉職+社士試験めざす大学生(ようやく卒業見込) 年中へこたれ中 mail→ https://chikaka.jimdo.com/お問い合せ/


by saku-saku-chika