群れの中で

国賓として来日したブータン国王夫妻
訪問先の小学校で話した内容が記事になっていた


「自分の体験の上に存在し 経験によって大きくなるという心の中の竜
 自分の竜を鍛錬して 感情などをコントロールすることが大切」

竜はブータンの国旗にも描かれていて 縁の深い動物らしい

b0150018_21473589.jpg

これは ほぼ日さんの壁紙 そうこれがブータンの子どもたち
ブータンの記事はコチラ




今日のダーリン 11/22(たしか・・うろおぼえ)

・「悲しいことなんか、あるに決まってるさ」
 なんてことも言わずに、微笑んでいる人がいます。
 つらいとか、苦しいとか、悲しいとか、怖いとかを、
 感じない人は、おそらくいないと思います。
  
 悲しい悲しい、怖い怖い、と連呼したがる人と、
 それを感じても黙って笑っていようとする人と、
 どこがちがうんだろうと考えました。
 
 厳しい状況で、どうして微笑んでいる人がいるのか。
 ぼくは、たくさんの「そういう人」を見てきました。
 彼らひとりひとりの繊細な感受性については、
 ぼくはよく知っているつもりです。
 恐怖にしても悲しみにしても、
 感じてないはずはないのに、落ち着いて微笑んでいる。

 そういう人は、ぼくが思うには、たぶん、
 「そういう人でありたい」と思っているから、
 そういう人でいられるのだと思うんです。

 だいたいのふつうの人は、
 「そういう人でありたい」と思ってないんです。
 とても自然に悲しんだり怖がったりしているだけで、
 どういう場面で、どういう人間でありたいかなんてこと、
 考えないでふるまっているのだと思うんです。
 おそらく、ちがいは、それじゃないかなぁ。
 どういうじぶんでありたいのか?
 これは、自然な裸のふるまいの上に、
 じぶんで着られる衣装かもしれないです。
 「おしゃれ」っていうのも、そういうことなのかも。
 
 今年は、あの震災があったせいで、
 特にたくさんの「そういう人」に会えたと思います。
 男性もいるし、女性もいる。老人も、若い人もいます。
 自然なふるまいももちろんできるし、
 他の人を守るための笑顔も絶やさない人たちです。
 実際に、「そういう人」はちゃんといる。
 そういう人のことを、いいなぁと見ていると、
 じぶんもだんだん「そういう人」に近づけるかもです。
 「そういう人でありたい」と思うもの、やっぱり。


....................................................................................







だっておっかないんだもん
と言われ笑ってしまったけれど
まあ そう言ってもらえる相手ばかりじゃないからな

大体がオイラあたりを怖いと思うなんざ甘すぎるぜ
ホントに怖いのは 見えなかったことにする
もしくは知らなかったことにして
さいごは なかったことにしちまうことだもん

もっと言えば
聞かないのは自分の選択なのに
もっともらしく人のせいにするとかさ
ケツは自分でふくもんなんだぜ
いいオトナが しらばっくれちゃあいかん

ハタチやそこらなら あっはっはだけど
40あたりか 超えてんならもう
カラダはんないとさーみっともねえじゃんかぁ
いや みてくれどうこうでもないな
あとがないんだよ折り返してんだからさ中年は

オロオロしてるひまに
なんかすんべえよ どーせおんなじように時間たつんなら
そんだけ
[PR]
by saku-saku-chika | 2011-11-25 22:22 | ガッコウ

日常 @イラストレーター(基本形 )+福祉職+社士試験めざす大学生(ようやく卒業見込) 年中へこたれ中 mail→ https://chikaka.jimdo.com/お問い合せ/


by saku-saku-chika