秋到来

b0150018_23305570.jpg

壁紙は ほぼ日さんから

涼しくなったら動きが活発になるはずだったが
はずだけだった 逆にとろくなって
またしてもウチ頬を噛んでしまい これでもう
2度目なので 何か呑むたび沁みて沁みて
しかたない もともと冷たいものは暑い時期限定
30℃割ったら即ホットだけなのに これでは
冷ましてからじゃないと飲めん かなしい



うわ すばらしい写真
今日も絶好調
・・うん
はははは






東北の仕事論


今日も深いよ うなずくよ
@ほぼ日by糸井重里
----------------------

・ひとつのことをやっているときに、
 別のことは、なかなかできるもんじゃない。
 早い話が、掃除をしているときに料理はできないです。
 国語の勉強しているときには、算数の勉強は止まります。
 
 なんでも、そういうことなんだと思うんですよ。
 ぜんぶ、いっぺんに解決することなんてできやしない。
 一泊二日だけれど、また気仙沼に行ってきて、
 いろんな人たちが、それぞれにやっていることを見て、
 話を聞いたりしていて、目に入る景色を見て歩いて、
 温泉に入ったりも、秋刀魚を何匹も食べたりもして、
 あらためて思ったんです。
 
 ひとつずつしかできない。
 あれをやってる間は、これができない。
 誰でもが満足することなんて、ほんとは無理だ。
 だけど、ひとつずつならやれることがある。
 少しずつ進めたら、ずいぶん遠くに行ける。

 「できない」を知ることは絶望じゃない。
 「できる」ことからしている人が、
 ずいぶんいっぱいのことを「してくれている」。
 
 うまく言えないことなのですが、
 よくばらないで、少しをしっかりやってる人たちが、
 あちこちにたくさんいます。
 「ぜんぶはできない」という当たり前のことを、
 そういうもんだよなぁ、とつくづく知ったら、
 少し「できる」ようになるみたいです。
 そして、少し「できる」仲間と知り合えるみたいです。
 
 ぼくらの「ほぼ日気仙沼支社(仮名)」は、
 「あいまい」なまま出発しはじめています。
 わからないのに、やるって、なんかおもしろいです。
 人が生きることそのものも、
 だって、そういうもんじゃないですかねぇ。
 
 東京で毎日やっている仕事についても、
 なんだか、もっとおもしろくやれそうな気がします。
 秋刀魚何匹も食べて、ずいぶん元気になっちゃった。

今日も「ほぼ日」に来てくれて、ありがとうございます。
ひとりでもやるって開き直ると別のひとりが集まってくる。
[PR]
by saku-saku-chika | 2011-09-26 00:00 | つぶやき

日常 @イラストレーター(基本形 )+福祉職+社士試験めざす大学生(ようやく卒業見込) 年中へこたれ中 mail→ https://chikaka.jimdo.com/お問い合せ/


by saku-saku-chika