ギアナ

b0150018_10123052.jpg

ほぼ日さんはロケット発射を中継しに
知らない国(自分がね)「仏領ギアナ」へ行ったようです
記事はコチラ



消えてしまうから その前に転載させていただきました
ほぼ日5/29@糸井重里氏「今日のダーリン」

 
・自衛隊の人たちが読むフリーペーパーに、
 寄稿を依頼されて、昨日、それを書きました。
 書き出すまで、何をどう書くか決めてなかったのですが、
 自然と、こんなことを書いていました。
 
 じっと嘆きながら見つめていたら、
 瓦礫の山が片付くのなら、どんなにか楽だろう。
 徹夜で語り合っていれば、
 行方不明の人たちが見つかるのなら、
 どれほどうれしいだろう。
 しかし、そんなことはあるはずもないわけで、
 じっと嘆きながら立ちすくんでいたら、
 状況は何も好転しない。
 おそらく悪くなっていくばかりだった。

 誰かが、具体的に、その場面を変えていかねばならない。
 人々がおろおろしている時、
 すでに、現場には自衛隊がいた。
 何をするべきかをわかっている人々が、
 黙々とそのすべきことを続けていた。

 ありがとう、と思った。助けられた、と思った。
 手をこまねいているばかりだった人々からの、
 自衛隊への「ありがとう」のことばは、
 働いている隊員たちの背中にかけられた。

 彼らは、忙しくやるべきことをしていたので、
 お礼や応援のことばに、振り向くことさえしなかった。
 黙って、手を足を頭を、そして心を使っていた。
 
 たまに写真で見る隊員たちの表情は、
 若くて、しっかりしているけれど、
 幼さも残っているようにも見えた。
 誰かの息子であったり、誰かの夫であったり、
 だれかのおとうさんであったりする若い人たちは、
 被災の現場の人たちだけでなく、
 離れた場所でじぶんの無力と共にある
 ぼくらの心までも救ってくれたのだった。
 
 長い間、ずっと背中に向けて言うしかなかった
 心からのありがとうを、
 この場で、向き合って言えることを、
 ほんとうにうれしく思っています。
 言うことは、ただそれだけです。
 ほんとうに、ありがとう。
 
 長くなりましたが、そのままここに再録しました。

今日も「ほぼ日」に来てくれて、ありがとうございます。
台風の日にもたくさんの「現場」が、働き続けています。
---------------------------------------------------------------








いーなーこれ 何回も載せるけど
[PR]
by saku-saku-chika | 2011-05-29 10:15 | サイト

日常 @イラストレーター(基本形 )+福祉職+社士試験めざす大学生(ようやく卒業見込) 年中へこたれ中 mail→ https://chikaka.jimdo.com/お問い合せ/


by saku-saku-chika