おおっ?

b0150018_19535342.jpg


Photograph by Karen Cameron, My Shot@ナショジオ
イエローストーン国立公園に湧く熱水泉
縁の硫黄と水のコントラストが美しい クリックで拡大をば
どことなくビールの泡みたいな色合いだな



13日の金曜日もすっかりくれようとしておりますが
地震から2ヶ月ですか早い かの地の人々とはまた
違った時間の流れ方で早い だってモウ5月も半ばなんだもの


あいかわらずガッコウ三昧ですな今んところ
軌道に乗るまでは仕方あるまい ‥ノルノカ? 笑
なんというかやはり既存の者、既存のやり方、に
押されておりますな ‥オシカエスノカ? いやいや


合間に というか予約の上でだが 何年ぶりの
師匠の予防接種にいってきた 日本脳炎 これは
第一期がH21に予防接種実施規則が改正されるまで
中止だったんで えっらい長い間があいてしまって
ひとケタの歳でやるはずが 10代に突入してしまったわけさ
第二期までがとてつもなく長いなあ 最短で1年半後かぁ



潔いなあ
これ偶然観た番組だ!



2011.5.13 FRI ほぼ日「今日のダーリン」糸井重里氏


・「忘れないでほしい」ということばを、
 もう四月の中頃くらいから何度も聞いています。
 そんなに簡単に忘れないですよ、と、
 言うのはたやすいものです。
 
 いじわるを言うようだけれど、人は忘れるものです。
 意思やら緊張感やらで、忘れないようにしても、
 残念ながら、忘れます。
 そういうふうにできているから、です。
 じぶんも、「忘れちゃうやつ」だと思うほうがいい。

 でも、「忘れちゃいけない相手といっしょに何かする」
 これなら、忘れようが忘れまいが、忘れられません。
 なんというか、縁組みしちゃうというようなことかな。
 「ほぼ日」は、そういうことをやっていくようにします。

 そのうちのひとつが、震災から光の射すほうを見つめて、
 よいしょっと立ち上がり歩きはじめた人たちの事業に、
 出資をすることにしました。
 『セキュリテ被災地応援ファンド』といって、
 最低申し込み金額は、10500円。
 出資金が5000円で、応援金(寄付)が5000円ですから、
 誰でも「出資者」として参加できそうです。
 むろん厳しく「分配」を期待しないでね、
 という感じではありますけれど、
 「出資者」が事業を見守るのは当然のことで、
 うまく行くこと行かないことを、
 何年という単位で見続けることになります。
 ぼく個人も申し込みましたが、
 会社としても「出資」することになりましたので、
 忘れてたら職務怠慢になっちゃいますよね。
 おそらく、『ほぼ日刊イトイ新聞』の紙面でも、
 企画としていろいろ報告していくことになるでしょう。

 光の射す方向を見ながら歩き出す。
 何度も確認するようにぼくは言ってきたのですが、
 大きな闇の景色だって視野には入ります。
 しかし、闇に向って歩き出す‥‥という方針は、
 やっぱりあり得ないと思うんですよ。
 あいかわらず言います、光の射す方向に歩くと。


 これのことですね ↑
[PR]
by saku-saku-chika | 2011-05-13 20:02 | つぶやき

日常 @イラストレーター(基本形 )+福祉職+社士試験めざす大学生(ようやく卒業見込) 年中へこたれ中 mail→ https://chikaka.jimdo.com/お問い合せ/


by saku-saku-chika